今年も終わり・・・

2012.12.31 Monday

気がついたら大晦日。

たいしてサイト更新もせず、オフ本の作業も進んでないまま・・・今年も終わり。
やばい。
3月の新刊に間に合うようにこれからラストスパートかけねばと思ってます。

今やってるのは携帯ゲームの二次創作です。
(二次はOKのとこですが、BLゲームなので名前は伏せます)
最近は公式の動きもなく、同会社の新ゲームもいまいちよくわからない話ばかりで・・・。
いまいち盛り上がりに欠けます。

昔みたいにテキストベースの内容で、ストーリーがもっと奥深かったらいいんですが。
なんかよくわからないミニゲームとか、ガチャとか、別シナリオとか。
内容のないわりに金がかかって仕方がないというか。
この短いシナリオにこの値段?
普通に小説買ったほうがよっぽど内容あるし面白いし。
(いや、これはなににどれだけ出すかは、個人の価値基準によるんでなんともいえませんが、私には無理)

そんなわけで昔のゲームをやり直しながら改めて「これやっててよかったなあ」と喜びをかみしめているところです。
そしてもっとうまくメディア展開とかできなかったのを残念に思ってます。
(あと、製作側とうまくいってなかったのかしらと・・・いろいろ気になる面も)



ところで、携帯ゲーム自体がだいぶ下火なんでしょうかね。
他のゲームにしても、新作でないまま1年以上経ってたりするのがあって、「このまま新作はスマフォに移行するのかしら」とどきどきしながら待ち構えてるやつもあったりします。
新作がスマフォで出たら、スマフォ買いますよ。ケムコさん。
(ちなみにこちらのゲームはアルファディアというゲームです)




今年の後半は短期のバイトをちょくちょく入れつつ、ネットのお小遣い稼ぎのサイトなどを作りつつ・・・。
いまいちぱっとしない日々でしたので。
来年はもうちょっと長期的にコンスタントに続く仕事をしようと思いました。

あと、古いフォトショ使うのも限界を感じてきたので、(CS6で作ったデータを読めません)、試用期間が終わったので購入することにしました(ノーパソで1ヶ月、デスクトップで1ヶ月と粘った)。
いまのところフォトショだけで事足りてるのでクラウドで購入とう方法は却下しましたが。
そして、通常版で買うお金もないので通信講座のセットでの購入です。
余裕ができたら他のソフトも買いたいです。
今度使うとしたら、Dreamweaverとイラレとインデザですが、単品で買うよりAdobe CS6 Design & Web Premiumを買ったほうが安い気がするし、ここまで出したらMaster Collection買ったほうが得なような・・・。
なんかアドビの策略にはまっているような気がします。
が、そのまえに先立つものをなんとかせねばね。


ここに来てくださってるのはツイッターのフォロワーさん、サイトを教えた友人、検索でたまたま辿り着いた方くらいだと思いますが、読みに来てくださってありがとうございます。

来年も細々と、そして出来たらもうちょっと読んだ本のレビューとか増やしつつ更新していきたいと思っていますのでどうぞよろしくおねがいいたします。

子供が年越すまで起きていたいというので、紅白を見ながら付き合いつつ、中途半端に創作もできないので・・・。
このあとは、たまってるマンガでも読みながら年を越そうかと思ってるmizukiでした。
(キッチンのほうで読む分にはBL読んでても大丈夫だろう・・・とか思ってるあいかわらずな主腐っぷり)





PC復旧出来た〜

2012.11.07 Wednesday

壊れたXPのハードディスクを取り出して、7のパソコンの外付けにしたら、無事データ読めるようになりました。

ソフトは使いモノにはなりませんが、今まで必要だったデータが読めるようになったのは嬉しい。

・・・・半年ぶりに今やってる原稿も読んだよ。もう「誰が書いた原稿? 続きどうなるの?」状態です。
ほんと、さっぱり忘れてます。
頭整理しながら、再挑戦ですが、話はもういちど練り直さないとね。

あの時は面白いと思っていたネタも、今見るとすごく陳腐に見えて恥ずかしいったら。


絵師さまとの連絡も無事取れてほっとしました。

よし、次の締切に向けてがんばろう。(同人活動)



もちろん年賀状のデータとかも無事復旧できたので、これからはお年賀のシーズンですし。
どんなはがき作るかでも悩むわ。

とにかくがんばろう。

そんなことより聖闘士星矢

2012.11.02 Friday

長男の学年だよりをみてたら、今月の音楽の学習予定に「ゆかいに歩けば」が入っていた。

「あ、お母さんこれ知ってる! ゆっかいに〜あっるけば〜♪ってやつ」

と歌いだそうとしたら、

「そんなことより、聖闘士星矢2番歌って」(次男)

そんなことよりそんなことよりそんなことより〜〜?!

聖闘士星矢がいいんですか。

・・・。

・・・・。

いいけどね。



聖闘士星矢は子供の前でアニメ見ながら歌ってまして

「二番もあるんだぜ」よろしく二番も歌ったら

「すごいすごいすごい。お母さんすごい〜」

とやたら賞賛されました。次男に。


そんで、思い出したように「2番歌って」と言われています。

子供に「すごい」言われるのは嬉しいですが。

アニソンで言われてもなあ・・・。

ま、いいか。

そんなん言われるの今だけやし。

ちなみに長男は「そんなんグーグルでしらべたら出てくるし」とつれないです。






さっきの歌も

「ちなみに歌詞は、愉快に歩けば棒にあたる〜♪・・・やで」

と言っても

「それは犬も歩けばやろ」

とにべもないです。

かわいくないわあ。




まあ、私がいつも適当なこと言うので、信じてません。
疑うのはいいことだ。



先日もテレビ(星矢)見ている時に、次男が

「ネビュラチェーンってなに?」

って聞いてきたので(しらんがなそんなこと)、

「うーん。蛇のことやな。蛇のようにうねうね伸びるチェーンだから、ネビュラチェーン」

とか適当なこと言ったら、

「そっか〜蛇か〜」

と本気で信じてしまいました。


あとで「星雲」って分かって「またお母さんに騙された」と怒る次男と、「やっぱり」と納得する長男。


というわけで、気になったことは自分で調べよう!

うちの家訓です。

モーニングノート

2012.10.30 Tuesday

友人に「ずっとやりたかったことをやりなさい」を借りてみた。

彼女がモーニングノートをすると、頭がすっきりしていいみたいなことを言っていたので、「やってみたいな」と思っていたので。興味はあったのだが。

なんかね、朝起きて3ページくらい思ったことをつらつら書けばいいものとばかり思ってたので・・・
ブログでもいいのかと思っていたら
思ったのとちがうね。



読み始めて・・・「ええ、これを12週するのか」とちょっと躊躇する。

けっこう、過去の否定的な意見とか気持ちとか吐き出したり、自分と向き合ったり、そこから肯定的なことを見つけていったりと・・・やることでしんどい思いもしそうだと思ったり。(結果的にそうすることでデトックスできるみたい)

そして、そういうことは確かにブログでは書けないなあ〜。
ブログってどうしても他人の目を意識してしまうからな。
このサイトでの自分を壊しかねない。・・・まったく別アカを取って匿名で書き始めたとしてもそれ用の自分を作ってしまいそうだし。

やはり、紙媒体でひっそりやるものなんだろうなと納得。


一週ごとに課題を書き出してくれてるのでやりやすそう。
しかしその内容が難しいんだけど。

とりあえず最初の一週間は「モーニングノート」でなく「自分を肯定する言葉を書き、否定的な声が聞こえたらそれを肯定的な言葉に変える作業」をするのだが。

難しいね。

自分を肯定ばかりすると「単に自分に甘いだけじゃん」とか思ってしまってる自分がいることに気づく。
厳しく自己批判して「それで切磋琢磨することがよいんだ」と思っている自分に気づく。

前向きに取り組んでいるように見えて後ろ向きというか。

イタタタ。


今週は素直に自分を肯定することを頑張ってみよう。



最大の難関はBLとかBLとかBLとか・・・

パンツを取る理由

2012.10.26 Friday

昨日のブログで、パンツを盗まれる父の話をしたが、
「着替えのパンツはないのか」と聞いたら、
「ない」と即答され、
「なんで、宴会前でしょ」
と突っ込みながら、いったいいつのタイミングでパンツを履き替えるのかという話になった。

1.夕方の最初に入るとき
2.寝る前に入るとき
3.朝に入るとき

まあ、温泉に行ったらこのくらいのタイミングで温泉に浸かると思う。
そんで、パンツを履き替えるのは多分「1」だろう。

違うのか?
(そうでしょ?)

替えのパンツを持たずに温泉にった父も父だが、相手の男も替えを持って行ってなかったのか。
つか、どうせ取るなら替えのパンツを持っているやつからにしろよとか、いろいろ思うのだが。

今度から、パンツとるときは、替えのパンツがある人からとって欲しいと切に願うのであった。


それとも、どうしてもこのパンツを選んだのか・・・理由があるのか?

好きなブランドだったとか。
履きやすいタイプのパンツだったとか(当時の父のパンツはブリーフのはず)

なんだろう、よくわからん。

いろいろ悩みながら(こんなことで悩みたくはないが)出た結論。

「そこにパンツがあるから」

うん。もうこれしかないな。

あと、

「太陽がまぶしかったから」

でもいいよ。


(この場合の「太陽=好きな相手」でいい)

三浦しをんさんのブログでは、結局Aさんのパンツもなくなってたし。

温泉とパンツは、BL的にロマンだね・・・と思った。




我が家のパンティノン伝説

2012.10.25 Thursday

先日実家に帰った時の話。

父、私、妹、そして子供たちを連れて芋掘りに行った帰り道。
昔よく行った市民プールの横を通り過ぎた。

「あー、なつかしいなプール。服の下に水着着て行って、帰りパンツ忘れてノーパンで帰ったりしたわ〜」

などと馬鹿な思い出話をしていると、父が

「わしもあるで。そういう思い出。温泉から上がったらパンツがなくなっててな・・・」

「え、そんでどうしたん?」

「いや、みんなが着替えるの待って、どこかにパンツ残ってないか探したら、最後にう○このついたパンツが一つだけ残ってて・・・」

爆笑。

「いやー、お父さん。相変わらずアドリブ冴えてるわ!」(褒め言葉)

「違う、これはほんまの話や」

「つか、姉貴のアドリブ?ってツッコミの方がわらける」

相変わらす楽しい家族でした。

パンツ事件については三浦しをんさんのブログでの「ひとは二種類にわけられる。他人のパンツを穿くやつと、他人にパンツを穿かれるやつだ」
という名言があるが。ほんとにそうだなと思う。
あと「自分のパンツしか穿かないやつだ」も追加されがが確かに「〜しか」をつけるとつまんない事してる人に見えるのがおかしい。一番まっとうなのに。

最後に息子(小学校3年)が、

「俺もある。風呂から上がってパンツなくてそのまま寝巻き着て、朝もそのまま服着て学校行ったら・・・体育のある日やねん!」

「・・・」
「・・・」
「で、どうしたん?」

「みんなが着替え終わってから一人でフルチンなって着替えた」

誰もいない教室でフルチンで体操服着替えている息子の情けない姿が目に浮かぶ。

うーん。親子三代のパンティノン話も、息子が一番インパクトあったな。
今回のパンティノン大賞はお前にやろう。
(なんやねんそれ)

つか、パンツいっぱいあるよ、うち。少なくとも常時5枚は引き出しに。なんで見つけられないの???



ブログのタイトルが「我が家の〜」だが、もちろんこれはオリジナルがある。

それは柚摩サトルさんの「桃色パンティノン伝説」です。(またまたBLです。漫画です)



パッと見「パルティノン?」とか思ってしまうが「パンティノン」です。「パンティ」+「ノン」
タイトルからして柚摩さんらしい突飛な。
内容も家訓(?)でノーパンを守ってる主人公が、怪しいパンツなどをは穿かされる話。
同級生の友達が相談に乗るふり?して「ぎりぎりパンツ?」(これがまたむちゃ怪しい紐みたいなとか、コレクションが半端ないんだが)をわんさか用意。
最近柚摩さんハマってるけど、ほんと可笑しいんです。読んでて笑うわ。
一つツッコミすると、トイレ小する時にズボンとパンツずらすのは幼稚園までで、小学校上がってそれするとはやしたてられるし、高校でそれは無理がある・・・。
あとカルバンクラインとかはやはり憧れブラントになるんですね。

あー、でも大人になったらノーパンでもいいですよ。
昔、会社の同僚とバーベキューに行ったとき、一人腰までジーパンずらしている奴がいて
「そんなずらしたらパンツ見えるんちゃう?」と突っ込んだら
「大丈夫。ノーパン」
とか堂々と言ってる奴もいたし。

ジーパンでノーパンは、さまになる人はさまになる。
ファスナー式でなく、ボタン式のジーパンを途中まで外しているのとかセクシーだよね。

腰パンでも、おしゃれなパンツが見えてるとけっこうさまになる。(好みの問題だが)

結局どっちでもいいよという結論です。

パンツは性格が出るので面白いし。
好きなキャラの「パンツ」が何かを考えるのも二次創作の基本でしたしね。
(・・・今もそうですよね?)

そんなわけで、パンティノン伝説。
どこかに面白い伝説があったら教えてください。

純と愛

2012.10.24 Wednesday

NHKの朝ドラなんだけど。

結構面白い。ハマりそうだ。

最初は純の世間知らずのくせに生意気で不遜なところが鼻につくというか、むちゃ鬱陶しいかったけど、「まあ、成長ものってジャンルは最初はこうじゃないとだめなんだろう」と変に納得しながら見ている。
最後までこの調子で終わったら「なんじゃこりゃー」と切れるかもしれんが。いやまあドラマだし。そこまで熱くなる必要もないし。
つか「あなたは変わらないままでいいんです」とか愛ちゃんも言ってるので、そういうドラマかもしれないし。
と、勝手に心に予防線を張りながら視聴中。

内容はおじいちゃんのホテルに憧れた主人公が、自分もホテルの経営に携わりたいと思ったけどお父さんとウマが合わずに喧嘩して家飛び出して、大阪のホテルに就職しながら、将来はおじいのようなホテルを作ることを夢見ているという話。(たぶん)

大阪出てきてから愛(愛と書いていとしと読む)に出会って、一方的にストーカーされて追い回されるようになるけど、その理由が「あなたは普通に見える」かららしくて。なんでも愛は人の「本性のようなもの」が見える特殊能力があるらしい。
なんやかんやで絆されて、付き合うようになってきたのが最近。

NHKらしい初々しい恋愛仕様になっていて微笑ましいです。

まあ、人の本性が見えるとか大変だろうし、恐ろしいとは思うんだけど。
ある意味わかりやすくていいんじゃないか?という気がしないでもない。
(全部を見たいとは思わないけど)
ずっと見えるのはしんどいだろうし。

でも、本性のほうがあるいみ正直な自分なので、人間らしくていいんじゃないか。
誰でも彼でも、ずっと鎧かぶったり、般若みたいな顔してたりしてるわけじゃないし、本心見せられる人の前では素の自分見せてるかもしれないし。
自分の好きな人が鎧ガチガチにまとってたら「守ってあげたい」とか思っちゃわない?
まあ、愛ちゃんまだ若いのでそういうふうに達観できないだろうし、死んだ双子の弟の件があるので簡単に幸せになれるモードでもないし。
今後、純と付き合いながら、そういう過去を克服出来たらいいと思う。

純役の女優さんは新人さんで、まだまだなんか演技も下手な感じなんですが、一生懸命さは出てて良いですね。
相手役の風間俊介さんは、ジャニーズ出身ですけど、普通によくて、けっこう安心して見られます。

むかし遊戯王の声優が彼に変わったときは(なまじ緒方恵美さんの演技がうまかっただけに)、「ええええ〜」と叫ばずにいられませんでしたが。回を追うごとにけっこう馴染んできたというか、今遊戯の声思い浮かべろいわれたら普通に風間さんの声で出てくるし。うん。
あの頃から比べるとかなり上手くなってるし。
楽しみな俳優さんかも。


話は飛ぶけど本性見えるという話を見て思い出したのが、柚摩サトルさんの「カウント0」だったりするんですけど。(BLですよ、漫画です)




これは事故がきっかけで、人間の頭の横に嘘ついた数のカウントが見えるようになる主人公が、カウント0の相手に出会って恋をする話でしたが。

最初はカウントゼロというまっさらな状態の人間に興味を持って惹かれるけど、実際付き合って内面も好きになるといういい話でした。
付き合うようになってから相手のカウントが上がるところにも遭遇するけど、その嘘さえ愛おしいというか。
(つか、嘘の内容が腹よじれるほどおかしい。読んで。しばらく笑い転げるから)


つうわけで、純もいつまでも純粋なままでなくてもいいし、いろんな顔があってもいいし。
そういうのもあって人間なので。
それでいいと愛ちゃんが思えるようになったらいいなあ。うん。
そういう気がします。

朝ドラの話でも結局、BLにつなげてしまうのがBL脳のなす所以ですが。
ま、いいか。

モーニングノートがてら、朝に思いついたことをつらつら書いてみましたが。
いつもの妄想トークとなんら変わりませんでしたね。



壊れたパソコンをどうにかしよう

2012.10.23 Tuesday

一年前あたりから、しょっちゅう青い画面が出ていたパソコンが半年前に真っ暗になりうんともすんともいわないまま放置している。その前後にノーパソ買ったからメールとかネットは不便してないけど、…いかんせんデータが。
そろそろ年賀状も用意しなきゃならないし、データ取り出しもできるならしたいし。…今書いている原稿もおおもとはパソコンに…放置だし。早く取り出さなきゃと思う。

…うーん。手っ取り早く取り出すためには内蔵ハードディスクにUSBの変換アダプタ(そういうのが売ってる)をつけて現在のパソコンにつなげればいいんだが。…とりあえず早くやろう。

さばさんにも、…音信不通してどれだけたったかしれないし。早くしなきゃ。

…ところでハードディスクがおじゃんになっているということは…ないよな。こわい。(とか言ってる場合じゃないので早くやれ)

辛いのは、ソフトは再インストールしないと動かないということだが、古いソフトになるとどこにインストーラーがあるか(ないかも)わからないので。見られないかもしれないということだ。

…最優先は筆まめのCDか。

あとフォトショと、イラストレーター。コミスタ。オフィス。
入れなきゃならないものはたくさんある。

つか、いままでそれなしでよくやってきてたなあ。(というか何もしてないことが判明)

絶叫城殺人事件ドラマCD感想

2012.09.23 Sunday

KiKKa MYSTERY side 耳で読む、推理小説第五弾【絶叫城殺人事件】 http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item-735555.html 


有栖川さんの作品では
46番目の密室
スイス時計の謎
屋根裏の散歩者
に続く四作目です。

http://www.mandarake.co.jp/zin/bl/kikka/mystery.html 



あらすじ

大阪を恐怖のどん底に突き落とす殺人事件。 被害者の若い女性たちは、『NIGHT PROWLER (夜、うろつく者) 』と 記された紙片を口に押し込まれて殺害されていた。
リアルな世界を闊歩する、ヴァーチャルな怪物の正体は…?
カルトなホラー・ゲーム『絶叫城』を見立てて凶行を繰り返す残酷な連続殺人犯に、 火村とアリスのコンビが挑む!

商品仕様

スリーブケース
CD2枚組 (本編+同梱特典) 
24Pブックレット

発売日

2012年8月9日

キャスト

火村英生 神谷浩史
有栖川有栖 鈴村健一

小室礼美 根谷美智子
大和田英児 鈴木達央
鯨岡羅夫 高木渉
片桐光雄 櫻井孝宏

船曳警部 飯塚昭三
鮫山警部補 東地宏樹
森下刑事 森久保祥太郎
まんだらけ購入特典

(1)特典CD
ミニドラマ【月宮殿殺人事件】収録
(2)キャストサイン入り原作本&色紙プレゼントキャンペーン


回を追うごとに、神谷さん鈴村さんの演技がよりらしくなってきたというか、深みが増したというか。
すばらしいです。
ほとんどアリスの独白なので鈴村さんの出番ばかりですが、これがずっと聞いていても心地よいです。
地の文は標準語でセリフは関西弁ぽく。
バリバリ関西弁じゃないところが、反対に聴きやすくなってます。
ソフトな声質もいいです。
大阪府警の面々もこの声で定着してきた感じ。
櫻井さんの片桐さん、かわいいです。いい感じです。
火村はもっとバリトンで渋くなきゃ〜と思っていた私も、この火村もありだなと思うようになりました。
落ち着いた、ニヒルな感じが出てるように思います。

・・・そして、トークに入った時の神谷さんの普通の声に戻った時のギャップがたまんないや。

(今回はトークは別CDなので、いきなりトークを聞くという過ちは犯さないと思います。ディスク1と間違えたら大変だけど)


ストーリーは原作をほぼ忠実に、でも会話やシーンのつなげ方がうまくて、わかりやすく聞けるようになってました。
ホラーアドベンチャーのゲームシーンもゲームらしい臨場感あります。

なんかね、昔やった「クロックタワー」(名作ですョ!)を彷彿とさせるようなゲームみたいなんですけど、逃げ惑う感じがすごく出てるわ。

こういうゲームの事件に対する大人の見解に対するアリスの憤りも、心の闇とか。
鮫山さんのゲーム会社の言い分に詭弁だと思う気持ちも。
ドラマから伝わってきます。
火村はセリフ少なくて、アリスのモノローグのみでの表現ですが。冷たい目とか。

小説読むだけでは味わえない感動を味わわせていただきました。

ブックレットのコミック部分もすごく、作品に合っていてよかったです。

この作品の火村の着信が宇多田ヒカルの「ファーストラブ」だったんですが、それは聞けませんでしたね。残念。




第5弾も楽しみにしています。

海奈良とか来ないかな〜。
赤星とか誰がするんだろ。ドキドキだ。



オタ主婦の一日(パート版)

2012.04.13 Friday

 以前、「オタ主婦の一日」というのを書きましたが、だいぶおも変わりしたので。

今はこんな感じ…。

5時:起床 ネット・サイト更新
6時:洗濯・朝食準備
7時:朝食・送り出し
8時:梅ちゃん見ながら片づけ
8時半:出社

9時〜4時半:仕事

5時:お迎え・買い物・ご飯準備・習い事送り
6時:夕食・片づけ
7時:風呂・テレビ
8時:子供寝かす・家事続き
9時:気力があったら少し起きつつ就寝(布団で携帯チェックしながらいつの間にか寝てる…)


という感じです。

しんどいときは、朝6時過ぎまでうだうだ寝てますし。

起きたとしても、ネットする気力なくて、ボーっとテレビ見ながら目を覚まそうとしているだけの状態で。(ドラマの消化時間に当ててもよいんですが、見てても頭に入らないので、結局NHKの街角情報局とか…役に立ちそうで立たないものを…見てます。とほほ。朝ズバみるような元気もない。)

一年前の余裕はどこにいったんでしょう。

仕事と両立って難しいです。

とはいえ、私はパート業務なので、仕事が暇なときは早く上がらせてもらえますし、学校行事のあるときも早退してますし、まあお気楽な身分といえばお気楽です。

最近ようやく、朝にパソコン立ち上げる余裕が出てきたので、ちょくちょくサイトとかチェックしていこうと思います。

世の、同人主婦(いや、主婦じゃない人も)はどんな風に、趣味の時間を捻出してらっしゃるのか。

…マメに更新とかされてる方の一日を教えて欲しいです。


さ、更新頑張ろう。