パンツを取る理由

2012.10.26 Friday

昨日のブログで、パンツを盗まれる父の話をしたが、
「着替えのパンツはないのか」と聞いたら、
「ない」と即答され、
「なんで、宴会前でしょ」
と突っ込みながら、いったいいつのタイミングでパンツを履き替えるのかという話になった。

1.夕方の最初に入るとき
2.寝る前に入るとき
3.朝に入るとき

まあ、温泉に行ったらこのくらいのタイミングで温泉に浸かると思う。
そんで、パンツを履き替えるのは多分「1」だろう。

違うのか?
(そうでしょ?)

替えのパンツを持たずに温泉にった父も父だが、相手の男も替えを持って行ってなかったのか。
つか、どうせ取るなら替えのパンツを持っているやつからにしろよとか、いろいろ思うのだが。

今度から、パンツとるときは、替えのパンツがある人からとって欲しいと切に願うのであった。


それとも、どうしてもこのパンツを選んだのか・・・理由があるのか?

好きなブランドだったとか。
履きやすいタイプのパンツだったとか(当時の父のパンツはブリーフのはず)

なんだろう、よくわからん。

いろいろ悩みながら(こんなことで悩みたくはないが)出た結論。

「そこにパンツがあるから」

うん。もうこれしかないな。

あと、

「太陽がまぶしかったから」

でもいいよ。


(この場合の「太陽=好きな相手」でいい)

三浦しをんさんのブログでは、結局Aさんのパンツもなくなってたし。

温泉とパンツは、BL的にロマンだね・・・と思った。




コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL