WORDで小説同人誌2

2010.09.12 Sunday

昨日は、基本的なレイアウトするところまでしたので。

次に、文字入力時にいろいろ気になること。


■ルビを振りたい
「書式」→「拡張書式」→「ルビ」

「ルビ」を打つとき1つの文字に2文字以上ルビを打つと、文字がずれてしまいます。
それが気にならなければそのままでもよいですが、気になる時は、上下の文字も選択してルビを打って下さい。


それは私のものです。
(「私」を選んで「文字単位」で「均等配置2」)←均等配置1は端ぎりぎりから配置するので見にくい。
  ↓
(「は私の」を選んで「文字列全体」で「中央揃え」)

■文字に傍点を打ちたい
打ちたい文字を選択→「書式」→「フォント」→「傍点」(「・」か「、」か好みで)

■「……」を使いたい
ふつうに「・」を三回続けて入力してから変換すると「…」(三点リーダ)に変わる。「てん」で変換でも出る。
基本的には「……」三点リーダ×2で一個単位。一個だけだと寸足らずな感じ。

■「──」を使いたい
「ー」で変換しても「けいせん」で変換しても出る。
「──」も2ダッシュで一個単位。

■「!!」「!?」
半角で「!!」「!?」を入力した後、「書式」→「拡張書式」→「縦中横」


こんな感じ?
あと、全部入力してから、変更する時にけっこう悩む事。


■「フォント」を途中で変更したりして、ルビのフォントも変えたいとき。
とりあえず、一文字だけ変えたいフォントに変更する。
「書式」→「拡張書式」→「ルビ」

alt+f9で「フィールドコード」表示する

{EQ ¥* jc2 ¥* "Font:MS 明朝" ¥* hps9 ¥o¥ad(¥s¥up 8(ページ),頁)}

みたいなコードが出る。

この状態で「編集」→「置換」で変えたい文字列を選んで、変更する「MS 明朝」「IWA明-中細N-eb」とかにでも。

同様に、
hps9=フォントの大きさ(hps9で4.5pt)
up 8=オフセット(8でオフセット0)
なども、いじって一括変更できます。

いきなり数字いじるんでなく、一文字変換してから、その文字の設定をコピるように。



私は、とりあえずこんだけで、…原稿仕上げることが出来ますが…。

他に、使うものってなんだろう?

また、思いついたら書きます。



コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL