妄想と感想は紙一重

2012.11.01 Thursday

あさのあつこさんが好きなんですけど(とーとつ)

読みたいなあと思ってるんだけど、最近図書館になくて。(買えよ)

No.6もここ3年くらい読んだ記憶なくて、最終巻でてるらしいけど。
アニメも結局見てないし、ラスト知らない(アニメ化の分がラストまで描けてるのかも知らん)



8巻まででけっこう謎だらけで、これ9で収束するのか?
すごく気になる。読むのが怖い。


THE MANZAIは、今何巻だろう? 5巻まで読んだはず。

こっちはここ2年くらい読んでないのできっとすすんでるんだろうな。




っておもったら、6で最終巻なの?

ええええー。
こっちもどう決着するんだと思うと読むのが怖い。
でも読みたい。

でも、どうなるんだろうとか楽しみにしながらいろいろ考えてる間が楽しかったので、いまのうちに妄想収め?でもしておこう。

つか、感想文で、

「あのふたりはずっと漫才しながら暮らしてそうです」

って、書いたとして。

その詳細を書くと妄想になるよね?
「あゆむ〜。今日も愛してるで〜」

「何を朝っぱらから馬鹿なこと言ってるんだよ」

「ほんまのことやもん」

「どこまで本気なんだか・・・」

「いや、だから『最初は女の子がいい』というから諦めるけど、二番目は俺で!と思うくらい本気」

「・・・・」

「・・・・」

それはいったいどっちが、どっちを・・・・うわー。想像すると怖くなってきた。

「秋元・・・。お前が僕に対してただならぬ愛情を抱いているのはわかった。わかったけど、それはちゃんと友愛とかでの愛情というつもりなのはわかってるので。誤解するような言い方はよせ」

「誤解って?」

「・・・いや。だから・・・」

「だから?」

「・・・僕が、それを恋愛感情と誤解するようなだ。誤解したら・・・まずいだろう?」

「別にまずくないけど」

「僕がまずいんだよ。・・・何度も言われるうちに、ま、万が一・・・、その気になったらどうするんだよ。お前その気はないのに」

「その気あるで」

「じゃ、じゃあ、僕が・・・だ、抱いて欲しいとか言ったら抱けるのか」

「抱ける」

「そういうのは嫌といったら、しないのか」

「しない」

「嫌といったらしないとかいう程度なら本当の恋愛感情じゃないじゃないか!」

「それは違う」

そう言いながら、秋本は僕の肩をギュッと抱きしめてきた。

「愛情とか、友情とか、どうでもいいねん。ただお前のそばに居れたらいい。どんな形でもいいから、一緒にいたい。ただそれだけや!」

「秋本・・・」

「ん・・・?」

「台詞忘れてしまった」

いきなりギュッとされて台詞がブッ飛んでしまった。

「もう。ダメじゃない瀬田君! 気にせず続けてくれなきゃ」

舞台したから台本丸めた森口が怒り口調で見上げてくる。

「というか・・・森口。この脚本で本当にウケるのかな・・・」

「フジョシサンには受けるらしいで、歩」

「うーん。婦女子にこれが受けるとは思わないんだけど・・・」

「大丈夫! 瀬田君がそうやって天然で受け答えしてくれてる限りいけるわ!」

天然って・・・。

確かに僕はロミジュリん時も、舞い上がってるうちにいつの間にか終わってて大ウケしてたりするんだけど。

これも、秋本の台詞やアドリブにいちいちドキドキさせられてるけど。

漫才としてはどうよって気もする。

僕はこのまま秋本と一緒に漫才やっていけるんだろうか。

やっていくんだろうか。

甚だ疑問だ。

(終)




・・・・

こんな感じの妄想がダラダラ湧いてきますが。

普通はみなさんここまで考えないもんなんでしょうか。

感想書く人はみんな二次創作できそうな気がするんですが?



ところで秋山じゃないよね。秋本だよね。
本気でわからなくなるほど名前のネタ出してるよねこの話。

ここ数年読んでないので頭の中での彼らのイメージですが。


あえない時間が愛育てるのさ〜みたいな歌ありましたが(なんて歌だ?)

読まない時間が妄想育てるのだと思います。

No.6ヴァージョンの妄想も書こうかと思いましたが。時間がないのでまた今度。
(というか、こっちはシリアスすぎて、想像するのも怖い)


そんなわけで、最終巻読むの怖いや。



誰か読みたくなるよう後押ししてください。
コメント
初コメかもです。

海月ちゃんの脳内があまりに楽しそうなのでお邪魔しました♪

うちの近所の図書館には全部おいてあったよ〜

勇気を出して読むのじゃ!

しかし・・・こんなん健全な青少年に読ませてええんかな?
息子(6年になったよ〜)の教室に「バッテリー」があるのを見ても、ちょっと身構えちゃうワタシ。。。。

  • by naga
  • 2012/11/01 4:46 PM
nagaちゃん! nagaちゃんnagaちゃん、久しぶり!!!

コメントありがとう。
オチもつかない妄想よんでくれてありがとう
(まあ、私の脳内は相変わらずってことで)

うん。勇気を出して読んでみる。

しかし、「The MANZAI」も「バッテリー」も健全の範疇にいれてるけどな?私は。麻痺してるのかな・・・。
(うちの図書館ミラージュ全巻おいてる方にハラハラするからかもしれんけど)

また遊びに来てください!
  • by 管理人
  • 2012/11/02 6:25 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL