水城せとなさんにハマってます

2010.09.17 Friday

なんか作品の幅がハンパない人だ。

最初は凛花(フラワーズの別冊みたいなの)を買って「失恋ショコラティエ」を読んで「なんかこの人すごい」と思って他の作品を読みたくなりました。それからいろいろ読んでさらにすごいと思ってるところです。

「失恋ショコラティエ」はサエコに振られた爽太がフランスで修業してショコラティエとして彼女の前に戻ってくるんだけど、その時には彼女はもう結婚するのが決まっていて。
それでも、彼女に捧げるためにいろんなチョコを創作していったり。
涙ぐましい片思い続行中。

そんな中。いきなり妄想の世界に飛ぶけど、その時の妄想の中の相手に言われるエグるようなセリフがいいんだわ。

「そういうの重いんだよね」

とか、いきなり黒いサエコさんに言われて、汗たらすソウタ。
でも、妄想で。

その妄想って、結局自分を客観的に見て「重い」とか自覚してるんだろうし、いっそ相手からそう言ってもらったらすがすがしいというか願望もあるというか。

毎回妄想シーンに飛ぶたびにドキドキしてしまいます。



凛花の宣伝ページに載っていた「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上(そじょう)の鯉は二度跳ねる」次に読んで。

こ、これは私の中のBLベストの10指の中に入るほどすごいいい話だった。
(ここで、はじめて水城せとなさんがBLも描いていることに気付いた)

優柔不断な男だったやつが、最後には腹くくっていずれ傷つくことが来る日ごと覚悟して一緒になる話です。(むちゃ内容省略…だって読んだ方が面白いし)
超お勧め。そして泣けます。


そのあと「放課後保健室」「黒薔薇アリス」を読んで。
続きが気になる……。
(という状態)







えー。ちなみに私のBLベスト

「卒業生」「Jの総て」中村明日美子
「どうしても触れたくない」ヨネダコウ
「あの日のきみを抱きしめたなら」山本小鉄子
「プライベート・ジムナスティックス」藤たまき
「その唇に夜の露」深井結己
「未来の記憶」・「風の行方」 国枝彩香
「セブンデイズ」宝井理人(原作:橘紅緒)
「成層圏の灯シリーズ」鳥人ヒロミ
「ドアシリーズ」山田ユギ
「ジェラールとジャック」「執事の分際」よしながふみ
「ニューヨークニューヨーク」羅川真里茂
「BANANA FISH」吉田秋生
「トップシークレット」清水玲子
「トーマの心臓」「残酷な神が支配する」萩尾望都

今市子
高永ひなこ……


えー。いきなりあげるのは無理があるか…。
どうしても最近読んだ話とかのほうが上にいってしまう。
まだあげ忘れているのもあるというか、すでに古典と言われる話とかもあるし。
またBLベストは次回まとめるという事で。







余談ですが、フラワーズって普通に漫画描いてる人とおもってたらBL描いてる人って多いんですか?草間さかえさんとかも面白いと思って読み始めたらBLもよい話だし。
逆に「櫻狩り」みたいに渡瀬悠宇さんがBL(ゲンミツに言うとちがうけど)描いてびっくりしたり。
フラワーズ…侮れない。


関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL