サイトのアクセス数

2010.11.01 Monday

私は、ナノで二次創作サイトを作ってます。
ジャンルはBLゲーム。
サイト内容も、もちろんBL。
SS小説オンリーで、一部18禁。
活動して、半年ちょい経って、作品数もようやく60本くらいになりました。
で、ナノは月毎のアクセス数とか見ることが出来るんで、
(日毎、月毎と選べるんで)

「今月は何が人気あったかなぁ」
と、月別のページのアクセスランクなんかを見てしまいます。
(昨日も10月の統計見てしまいましたよ)

そんで、思こと。
「上位にあるのがほとんど18禁ってどうよ…」
(うちのSSのうち、18禁は2割程度です)
新作より、むかしの18禁のほうが上とか、ザラです。


いや、読んでもらえるのは嬉しいんですが。
気に入ってるエロなし作品とかが低いとやっぱりさびしいような。
やはり需要がエロなんですかね。

愛情表現がストレートに出来るから、そこがよいのかもしれませんが。


いや、でもそれならそれを逆手にとって、エロでマイナーカプの布教に励もうとか。
いろいろ画策しているところです。

(雑食サイトなもので)


同人誌の通販

2010.09.30 Thursday

同人誌の通販なんて何年振りだろう(汗)
当時は、オフでしか活動してなかったので、同人誌のインフォメページかペーパーでお知らせするのが普通でした。
今は、オンもオフも活動している方って、普通にサイトで通販されるんですね。
しかし、ショッピングカート、CGI設置、メルフォ……どういう方法をとるか、悩みます。
何冊も作る予定ないのでカートやCGIって大げさな気がしたのでやめました。

ちなみに、通販のCGIは↓で配布されてる同人誌通販のが有名。
http://www.gnbnet.com/

ショッピングカートはロリポなどのレンタルサーバーには装備されてます。


メルフォで十分という気がしたのですが、住所とか名前をそのまま送るのは抵抗があります。
無料サーバのメルフォはSSL対応してない。
で、SSL対応メルフォを借りようと思いました。
ちゃんと、項目設定できるところがよいなあ。
そこで見つけたのが↓

フォームメーラー
http://www.form-mailer.jp/

自動返信とかも出来るので便利です。
ひとまずこれで作成してみます。





最近は、チャレマとか、一般の同人誌の通販サイトもあるんですね。

http://www.chalema.com/

便利な世の中になったものです。
でも、これはうちみたいにこじんまり通販したいところには向かないや。





私書箱について。
住所を公表するのに抵抗はあると思います。(こういう世の中なので)
しかし、有料の私書箱はコスト的に厳しいですし、無料の郵便局は審査が厳しい。
どうしてもするなら局留めや(宅配便の)センター留め十分かなと。
私の場合は、住所もお教えしていただいてお金も入金してくださった方に、リターンアドレスを書くのはやぶさかではありませんが。


二次創作する時に…

2010.09.22 Wednesday

二次創作する時に気になるのが、公式のガイドラインですかね。

昔は「こっそりやるのが当たり前」「作者に問い合わせなんてあり得ない!」が暗黙の了解のような世界だったと思うのですが…。
(誰が言ったんだとか、どこに書いてあるんだとか聞かないでください。…そういうのを肌で感じながら、みんなやってたんです。)

ところが、ド◎えもんやピカ◎ュー事件で、二次創作というものが社会的に騒がれるようになって、公式の動きが気になるようになったんだと思います。
「うちの公式は許可してるのか」「してないのか」…と。

web上では、それぞれの公式が「二次創作ガイドライン」というページでどういう見解をもってるのか発表してくれるようになりました。

ありがたい世の中になったものです。

お陰で、最初から認めてないジャンルに手を出すようなことはなくなりましたしね。
ネズミーとか…。
(いくらキン◎ダムハーツが好きでも)



しかし、公式がそういう発表してない場合は、やはり悩みます。

まだ手を出してないジャンルなら、
「聞く」→「よいと言われる」→「安心してやれる」というメリットがあります。
「聞く」→「駄目と言われる」→「あっさり諦める」という図式も成り立ちます。

「公式に聞くなんて!」
と、思う方がいるかもしれませんが、「していいかどうかわからない」ままやるより「できるのわかって」やるほうが、よっぽど精神衛生上よいし、後ろめたい思いしないで済むと思います。後ろ暗い事している自覚があるのならなおさらね。



もっとも、過去に手を出したり、今すでにやってるジャンルなら、
「今更聞く」…は出来ません。(やぶへびな気が…)

もちろん自分が聞かなくても「駄目」と発表されてるのを知ったら、こっそりコンテンツは下げます。


公式がみんなガイドライン引いてくれたら嬉しいのですが…。
小心者なので、こういうのあったら安心してやれるのに。

ちなみに、ガイドライン発表してる公式サイト↓

  • 07th Expansion
  • クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
  • Key
  • 株式会社アクアプラス
  • 株式会社ニトロプラス(※R18)
  • 株式会社トミーウォーカー
  • 株式会社 遊友館
  • 株式会社グループエス・エヌ・イー
  • 有限会社らいとすたっふ



  • あと、そういうの探していて見つけた参考サイト↓

    公式から二次創作を許可されたジャンルをあげよう


    けっこうあるんだ……。


    WORDで小説同人誌4

    2010.09.14 Tuesday

    便利サイト(読んで面白かった)

    ■日本語組版処理の要件(日本語版)
    http://www.w3.org/TR/2009/NOTE-jlreq-20090604/ja/

    日本語の組版の基本的なことが解る。
    (…Wordでマネするのは無理)


    ■図解DTP用語辞典
    http://www.japanlink.co.jp/dtpjiten/

    版下の作成するときの用語。
    InDesignやPageMakerやQuarkXPressとか使う人向き。








    うーん。綺麗な組版って、やはりきまりがあるのだなあと。

    字送りは「二分四分アキ」といって、1.75倍が標準。

    行送りはベタ打ちで、文字と同じ。

    段間は2文字。

    しかし、同人誌で1.75開けると、20行くらいのけっこうスカスカな行数になる。


    それなりに詰まった感じにしようとすると22行は欲しい。(好みだけど)


    WORDで小説同人誌3

    2010.09.13 Monday

    便利サイト(独断)

    ■印刷用単位の変換表
    http://www.trojanbear.net/omake.htm

    Wordでptでしかでないところを、mmで知りたいときに使いました。
    Q数で説明しているページを参照にしたとき、ptに戻す時にも便利。


    ■MS WORDで作る小説・実用書ブックル
    http://www.mybookle.com/help_word_novel.html

    文庫本(A6)の作り方ですが、設定の仕方がよくわかります。
    説明で使用している文書はダウンロードできるのでそれを参考にすることも可能。


    ■Wordで中綴じ印刷をする方法(載殊亭)
    http://norusyutei.blog113.fc2.com/blog-entry-12.html

    コピー紙で中綴じにチャレンジする時はこちらを参考に。


    ■キンコーズ
    http://www.kinkos.co.jp/

    …製本とかをコピー屋さんで出来るのがすごいな。安いな。

    WORDで小説同人誌2

    2010.09.12 Sunday

    昨日は、基本的なレイアウトするところまでしたので。

    次に、文字入力時にいろいろ気になること。


    ■ルビを振りたい
    「書式」→「拡張書式」→「ルビ」

    「ルビ」を打つとき1つの文字に2文字以上ルビを打つと、文字がずれてしまいます。
    それが気にならなければそのままでもよいですが、気になる時は、上下の文字も選択してルビを打って下さい。


    それは私のものです。
    (「私」を選んで「文字単位」で「均等配置2」)←均等配置1は端ぎりぎりから配置するので見にくい。
      ↓
    (「は私の」を選んで「文字列全体」で「中央揃え」)

    ■文字に傍点を打ちたい
    打ちたい文字を選択→「書式」→「フォント」→「傍点」(「・」か「、」か好みで)

    ■「……」を使いたい
    ふつうに「・」を三回続けて入力してから変換すると「…」(三点リーダ)に変わる。「てん」で変換でも出る。
    基本的には「……」三点リーダ×2で一個単位。一個だけだと寸足らずな感じ。

    ■「──」を使いたい
    「ー」で変換しても「けいせん」で変換しても出る。
    「──」も2ダッシュで一個単位。

    ■「!!」「!?」
    半角で「!!」「!?」を入力した後、「書式」→「拡張書式」→「縦中横」


    こんな感じ?
    あと、全部入力してから、変更する時にけっこう悩む事。


    ■「フォント」を途中で変更したりして、ルビのフォントも変えたいとき。
    とりあえず、一文字だけ変えたいフォントに変更する。
    「書式」→「拡張書式」→「ルビ」

    alt+f9で「フィールドコード」表示する

    {EQ ¥* jc2 ¥* "Font:MS 明朝" ¥* hps9 ¥o¥ad(¥s¥up 8(ページ),頁)}

    みたいなコードが出る。

    この状態で「編集」→「置換」で変えたい文字列を選んで、変更する「MS 明朝」「IWA明-中細N-eb」とかにでも。

    同様に、
    hps9=フォントの大きさ(hps9で4.5pt)
    up 8=オフセット(8でオフセット0)
    なども、いじって一括変更できます。

    いきなり数字いじるんでなく、一文字変換してから、その文字の設定をコピるように。



    私は、とりあえずこんだけで、…原稿仕上げることが出来ますが…。

    他に、使うものってなんだろう?

    また、思いついたら書きます。



    WORDで小説同人誌1

    2010.09.11 Saturday

    小説同人誌を作るにあたっての覚え書きです。

    何を基本にしようかと思いましたが、とりあえず、最初は印刷屋さんのテンプレートをダウンロードして、それで作ってみることにしました。
    (栄光さんのA5二段のテンプレ→こちらから

    ■栄光のページ設定
    用紙:A5
    段組み:二段
    フォント:MS明朝
    フォントサイズ:8.5pt
    文字数×行数:28文字×26行
    字送り、行送り:8.6pt、13.3pt
    余白、上×下×左×右:14×14×12×12
    (栄光の同人誌は塗り足し3mmがあるので上記+3になってます)

    実際作ってみると、けっこう字が小さいです。
    見にくいです。

    そこで、もう少し大きいサイズで、出来たらノドのほうも大きく取って変更してみることにしました。

    ■自分のページ設定
    用紙:A5
    段組み:二段
    フォント:MS明朝
    フォントサイズ:9pt
    文字数行数:26文字×23行
    字送り、行送り:9pt、13.9pt
    段組み:26.96字 幅3.1字
    (余白設定する前に段組み設定すること。ノドの設定をしてしまうと余白が足りませんとエラーになる)
    余白、上×下×小口×ノド:15×20×15×20(左右:15でとじしろが5)

    一行あたりの文字数、1ページあたりの行数。行間や字間、余白など。
    読みやすさや、ルビを振る時の設定を考えると、9ptで27文字×22行くらい。
    実際字を流し込んで、ルビを打ってみて、自然な感じでみえるのがこれくらい。

    ルビを画面で校正とかしようと思うと、この行間がないと、チェックできません。
    (行の幅で切れて見えなくなるから)
    もちろん、画面上で切れていても、印刷時にはちゃんと出ますので、「出力してチェックするから見えなくてもいいわ」って人はもう少し行間を縮めてもよいと思います。
    (私は画面で校正したいので見える方向で…)

    フォントはMS明朝は横にでっぷりでちょっと線が細いので、好きじゃない人が多いかもしれません。その場合はお好みのフォントに変えてください。
    しかし、これも画面で校正する時一番きれいに見えるのがMS明朝だったりします。さすがマイクロソフト仕様。
    (そして、やっぱり画面で校正したいので見やすい方向で…)

    そして、フッターや、ルビとか入れても行が固定できるように、上記+追加設定します。

    ■追加設定
    フッター:10cm…(余白の真ん中あわせ)下の余白の真ん中にくるように見えると綺麗
    もしくは
    フッター:15cm…(小口あわせ)小口ラインにあわすとすっきり。下余白があまり差がない場合は文字が近く感じる
    スタイルと書式…本文→同じ書式を選択→変更→段落。
    そこで、行間:固定値、間隔:14.55 pt(行送りと同じ数)
    さらに、体裁→文字の配置:英字下揃え(ルビやみやすくなる)
    ※中心がずれるの気になる人は、入力編集が終わってから、文字の配置を中央に戻すとよいかと思います。

    これでだいたい設定終わりです。
    ここまで設定した内容のwordファイルを作ってみました。↓

    ■Word2段レイアウトテンプレート

    これをもとに、フォント変更したり、余白変更したりすると使いやすいかも。
    あくまで、これは私好みなレイアウトです。
    自己流なので、もっと勉強したらよい使い方があるかもしれません。

    参考サイト---------
    同人誌の小説まとめ@Wiki
    ・いろんなご意見が聞けて参考になります。
    ・段組みやフォントのアンケートはいろいろ試してみてください。
    ・文章の通例や年齢表記の考え方もなるほどと思います。

    簡易版・同人誌の作り方実録編
    ・どういう作りが美しく見えるか…というのがよくわかります。

    同人マナー

    2010.09.10 Friday

    …今やってるサイトが、携帯ゲームの二次サイトなせいか、年齢層がとても若いです。

    …たぶん私、この中で最年長だと思う。

    訪問者も若くて、マナーもまだよくわかってない人が多いと感じます。

    サイト管理人さんも、若くて繊細な人が多いです。
    (なかには入口に怖い文句を掲げているつわものもいますが)

    困った書き込みや、自信喪失や、更新のプレッシャーなどで、消えていくサイトの多い事…。

    あ、もちろん原因の「困ったサン」が一番悪いのは確かです。

    でも、それ以外の理由、「更新できないので閉鎖」「自分のサイトに自信をなくして撤退」「人が怖い」「好きなことをして、それに傷つく人がいる」とか。

    わたしからしたら「そんなこといちいち気にしなくてよいと思うよ?」という内容も多く。

    (気にする人は気にしてしまうのです…ね。はい)

    でも、もうちょっと「気持ちをおおらかに持って」…頑張って欲しいと思うのは。

    おばさんのわがままでしょうか。


    4か月ほど前、ジャンル内で「荒らしさん(というか、ちょっと困ったサンのエスカレートした感じ)」が出現した時、訪問者へのマナー向上と、サイト管理人への心構えという意味合いで「同人マナーサイト」を立ち上げることになりました。(サイト内の有志で)

    数名で、制作することになりましたが、これが結構時間が掛かって。

    メンバーで落ち込んだり沈んだ(ひきこもった)り、やめていったり、。

    なんか、マナーサイトが出来る前に内部で崩壊寸前です。

    そういうのを食い止めるためのサイト作成だったはずなのに。

    同人サイトは作るのも見るのも自己責任。でも、相手は人間。相手を思う気持ちを忘れず作れば、そう悪いサイトにはならない、…とそういう趣旨でした。

    でも、制作サイドでそれが浸透できなかったみたいで。

    うまく機能できなかったのは悔やまれます。

    でも、私がここでいちいち「そんなことないよ」「悪くないよ」「頑張って」とみんなに声を掛けて回るわけにもいかず。

    (というか、たぶんそういう言葉自体が重くなるのがわかるだけに)

    「どんな進行状況ですか?」と一度は聞いたから、あとは待つのみ。

    何度もメールして、うざい催促と思われたくはないし。もともと締切があるわけでもないので。

    今は、自分の作業を終えて、他の動向を見守り中。

    みんな頑張って欲しいです。

    そして、もっと気楽にマイペースに、サイト運営を楽しんでほしいです。

    ただ……。返事は欲しいです(本音)

    さすがに、ずっと音信がないと心配になります。

    でも、ツイッターで名前を見かけるので…(苦笑)

    (フォローして発言読みたいと思わない。それでなぁなぁになるのも、プレッシャーかけるのも嫌だし)



    …気を使ってるというか、自分も思ったより気にしぃだというか…。

    き、気楽に行こう〜





    オンデマンドって…

    2010.09.08 Wednesday

    台風で東部は警報が出ているようです。
    こっちはまだみたいで、学校も幼稚園も行きました。

    朝も涼しく感じるようになってきたので。
    やっと、これからが芸術の秋でしょうか?
    …本読むのはもちろんですが、同人原稿もサイト更新も進みそうだ(笑)

    二次創作サイトを半年ほど前に立ち上げましたが、それがどんどん白熱して次は同人誌まで出そうかという勢いです。

    (10年ぶり〜)

    久しぶりにチェックしたお値段体系は、オンデマンド系でガラっと変わっていて「ムチャ安い!」(…ところがある)のでびっくりしました。


    この値段で出来るの!?

    先日、24pのペラ本を試しに作ってみたら、これがけっこうきれいです。

    普通に24pをコピー誌でつくろうとしたら、単価120円しますが、それ以下で出来ます。
    (もちろん、4面貼り付けしてA3でコピーしたら半額でできますが…ジャムるリスクとか手間を考えると、もうやる気力もない…)

    WORD入稿も出来るので、そこも魅力的。

    小説本なら十分な出来なので。

    次回も利用させていただこうと思います。

    印刷屋さんの名前は「ちょこっと製本工房」
    http://www.chokotto.jp/

    お薦めです。

    でも…あんまり宣伝すると、注文が殺到して受付制限されないかな。
    (などと、いろいろ心配になったり)